うさんぽを始める時期について

 うさぎを近所の公園などで散歩することをうさんぽといいますが、うさんぽはいったいいつ頃からして良いのかと思われる方も多いことでしょう。

 

 うさんぽのデビューはうさぎとのコミュニケーションができるようになってからがお薦めです。

 

 うさぎの体は生まれてから5ヶ月ほどでしっかりしてきますので、その頃までにうさぎとのコミュニケーションやしつけもきちんとしておきましょう。

 

 うさぎをきちんと抱くことができないと、うさぎも危険ですからしっかりとしつけをしておきましょう。

うさんぽの仕方

 うさんぽの仕方ですが、うさぎは犬のようにリードを付けて外を歩かせるといったものではなく、近所の公園まで連れて行き、安全な場所で遊ばせるといったのが良いと思います。

 

 我が家は公園がとても近いので、うさぎにハーネスとリードを付けて抱っこしてあげて公園まで行き、遊ばせてあげます。

 

 公園まで距離のある方や、車での移動の方でしたらうさぎをキャリーケースに入れてあげて運びましょう。

 

 公園ではうさぎにハーネスとリードを付けますが、公園でいきなり使うのではなく、事前に家の中で練習しておきましょう。

 

 我が家のうさぎはハーネスをとても嫌がりましたが、何回もしているうちにあきらめたようです。

 

 うさぎをしっかりひざの上に抱いて、ハーネスを付けていきますが、あまりきつく締めすぎないように注意しましゅう。

 

 我が家のうさぎはうさんぽ中はハーネスをまったく気にしなくなりました。

 

 うさぎは外に出られたことがうれしくて興奮して急に走り出すことがありますので、ハーネスとリードは安全のためにも必ずしましょう。

うさんぽが終わったら

 うさんぽから帰ってきたらうさぎの体の汚れたところを拭いてあげましょう。

 

 足の裏の土を拭いてあげ、毛の中の汚れを落とすためにブラッシングも必要です。

TOPへ