赤ちゃんうさぎ 子うさぎの飼い方、馴らし方

 小さくてかわいい子うさぎをペットショップから連れ帰った場合などに、最初にどうするかは、私もよく分からずにうさぎを飼い始めたのですが、新しい環境に馴れてもらい、うさぎが大きくなる前に飼いやすくするために抱っこに馴れてもらったり、しつけをすることはやはり大事なことです。

 

 せっかくかわいいうさぎを飼うのですから、コミュニケーションしやすく、よく遊んでくれるうさぎになってほしいものです。

 

 子うさぎをペットショップなどで購入しましたら、1週間ほどはそっとしておいてあげ、その後トイレのしつけと、うさぎが抱いても嫌がらないように抱く練習を行います。

 

 うさぎを新しい環境に慣れさせるためにも部屋の中に出して遊ばせない様にしたほうがいいと思います。

 

 うさぎにトイレを覚えてもらうには、うさぎは一定の場所で用を足す習性がありますから、最初にうんちやおしっこを染み込ませたティッシュなどを置いて、トイレの匂いのする場所を覚えさせると、次からはそのトイレを使用してくれるようになります。

 

 うさぎのトイレを置く場所は壁側のコーナーなど、一番すみっこがうさぎが落ち着くようなのでお勧めです。

 

 うさぎがちゃんとトイレでした場合には褒めてあげるのもいいと思います。

 

 うさぎを抱いてあげる時は、常に頭や体を撫でてあげる様にしましょう。

 

 ゲージの中にいる時もやさしく頭をなでてあげることはいいことですが、ゲージの外から指を入れることは、うさぎに噛み癖が付くかもしれませんのでやめましょう。

 

 あまり長くうさぎを抱きますと、ストレスの原因となりますので、うさぎを抱く時間は2分程度を1日に数回とします。

 

 

 

 

環境に慣れてきたら

 新しい環境に慣れてきたら、うさぎにゲージからの出入りの練習をさせます。

 

 最初は10分ほど部屋の中で遊ばせてあげ、すこしずつ時間を延ばしていきます。

 

 外へ出してあげる時間は、長くても30分ほどでゲージに戻してあげます。

 

 ゲージから出す時は、うさぎのえさが無いときにしましょう。

 

 そうすればゲージに戻す時は牧草かフードなどを軽くひとつまみいれてあげますと、うさぎは簡単にゲージに戻ります。

 

 うさぎのえさについてですが、えさの量はうさぎの体重が300から500グラムで10〜30グラム、体重が600グラム以上でしたら30〜50グラムが適量です。

 

 生後1〜2ヶ月の子うさぎにはチモシーなどの牧草を多く与えて、ペレットなどのフードは少なめに与えてください。

 

 チモシーなどの牧草の量は子うさぎで5〜10グラム、親うさぎで10グラムほど与えてください。

 

 うさぎにえさをたくさんあげ過ぎないようにしましょう。

 

 水をうさぎにあげるのには給水ボトルタイプのものが便利です。

 

 我が家ではうさぎを2匹とも子うさぎの時から飼っていますが、ゲージに給水ボトルを付けておきましたら、自然とそこから水を飲む様になりました。

 

 水はこまめに新鮮な物に取り替えてあげましょう。

 

TOPへ