うさんぽは危険の無い公園でうさぎと遊ぶ

-------- スポンサードリンク --------

うさんぽ 危険のない公園でうさぎと遊ぶ

 うさぎのうーたろうを我が家では室内で飼っているのですが、近くの公園で散歩させることがあります。

 

 うさぎといっしょに散歩することを「うさんぽ」というそうですが、「うさんぽ」とは「うさぎ」と「散歩」の合成語でしてうさぎを飼う人がうさぎと一緒に近所の公園などで散歩することだそうです。

 

 うさんぽはウサギを飼っている方の特権だと思いますので、うさぎを飼われたら是非うさんぽをしてみるのも良いかもしれません。

 

 うさぎと一緒に近所の公園などを散歩するために、うさぎ用のハーネスやリードも販売されています。

 

 最初のミニウサギを飼っている時はうさぎ用のハーネスとリードがある事を知らずに小型動物用のハーネスとリードを使用していました。

 

 うさぎはもちろん散歩といっても順調に歩いてくれませんので散歩する公園までは近所であればうさぎを抱いていくか、うさぎ用のキャリングバックに入れて連れて行きます。

 

 うさぎ用のキャリングバックがあれば、うさんぽの時には車に乗って公園まで行く事も十分に可能ですので、近所だけでなく、ゆっくりうさぎを散歩させられる公園まで気軽に行くことができます。

 

 以前、我が家ではうさんぽするためにうさぎを抱いて近所の公園内を移動していたのですが、不意にうさぎが暴れだし、胸にだいていたうさぎが降りた際に鼻の部分をコンクリートの地面に擦ってしまい、血がにじんでしまって大騒ぎになった事があります。

 

 うさぎの鼻の部分が白い毛のミニうさぎなので、にじんだ血が目立ってしまい、見た目がかなり痛々しいうさぎとなってしまったことがありました。

 

 その様な事のない様にするためにもうさぎは公園までキャリングバッグに入れてあげる方が良いと思います。

 

 うさぎは警戒心が強く、結構怖がりですので、「うさんぽ」で公園につれて行きましてもいつもの部屋の環境と違いますので公園になれるまで警戒してしまいます。

 

 公園の環境になれますと歩き出したりしますが、「うさんぽ」はうさぎが普通にテクテク歩いて散歩するというものではなく、いつものゲージや部屋の中ではなく、草の上や土の上を少し歩かせてあげるといった程度の我が家のうさんぽとなっています。

 

 ただし、うさぎはうさんぽ中に興奮する場合があり、そうしますと驚くべきジャンプ力で跳ね回ることがあります。

 

 興奮して、近所の公園を跳ね回っていた我が家のうさぎを偶然見てしまった息子の友達は「うさぎがすごいスピードで公園内を跳ね回っていたぞ」と珍しい物を見たという話しぶりで興奮して息子に話していたことがありました。

 

 この様な事は普通のうさんぽではいつもある事ではなく、普通はまったりとうさぎに癒される「うさんぽ」となります。

 

  皆さんもうさぎをたまにはゲージから出してあげて、近所の公園などで「うさんぽ」してみませんか。

 

 うさぎが綺麗な景色の中で見せるしぐさはとてもかわいく、きっとあなたを癒してくれます。

 

 我が家のうさぎを飼ったことを基にしましたうさぎの飼い方と、うさんぽの状況など、かわいいものや不細工なうさぎの写真を掲示していきたいと思います。

 

うさんぽ 危険の無い,公園,うさぎと遊ぶ

--------- スポンサードリンク ---------

うさんぽ 危険の無い,公園,うさぎと遊ぶ

 

 モデルさ〜んまもなく本番で〜す、スタンバイしてくださ〜い。

 

 う〜い!

 

(うさぎの返事ですから、けっしておやじではないですよ。
 だって私、うさんぽうさぎのモモちゃんですから〜!!!)

 

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top