うさぎは何匹で飼うのがいいのか

 うさぎは何匹で飼うのがいいのかということですが、我が家ではいつもメスのうさぎを一匹だけかっています。 

 

 ペットショップにうさぎのえさを買いに行く場合に、ショップの子うさぎが何匹もゲージの中にいる姿を見ますと何匹も一緒に飼ってみたいと思うのですが、複数のうさぎの飼育には気をつけなければいけないことがありますので、いままでは一匹のうさぎのみとしています。

 

 うさぎは見かけや外観ではおとなしく、ほんわりしていると思いがちですが、実際にうさぎを飼ってみますと結構神経質で、わがままで気が強いという事がわかります。

 

 オス同士のうさぎを飼う事は避けた方がいいと思います。

 

 もちろん兄弟であったりする場合や、性格にもよりけりなのですが、普通のおす同士のうさぎは喧嘩をしますので一緒に飼うことは避けたほうがいいと思います。

 

 うさぎにもなわばり意識があるのでしょうか、オスのうさぎはマーキングのおしっこを飛ばしますのでなわばり争いの喧嘩となるのかもしれません。

 

 では、メスのうさぎ同士ではといいますとおす同士ほどではありませんがやはり喧嘩をすることがあります。

 

 かわいいはずのうさぎがけんかにより傷だらけでは、癒しのはずで飼ったうさぎが痛々しいものとなってしまいます。

 

 どうしてもオス同士、メス同士で飼いたい場合はそれぞれを違うゲージで飼い、飼い主の目の届くところでたまに一緒に放し飼いをするのがいいのではないでしょうか。

 

 目が届くのであれば、うさぎ同士もそれほどの大喧嘩にならないと思いますので。

 

うさぎ 飼育,何匹で飼う

 最後にオスとメスをいっしょに飼うということですが、これはうさぎが子供をたくさん産んでしまうことさえ注意すれば飼うことは可能です。

 

 うさぎは生後4ヶ月で子供が産める様になります。

 

 うさぎの妊娠期間は非常に短く1ヶ月で出産しますので最短5ヶ月で子供が生まれてしまいます。

 

 うさぎの子供は約1ヶ月で離乳しますので、妊娠後2ヶ月もしますと次の出産が出来る様になるのです。

 

 うさぎは年間4回〜8回子供が産めるのです。

 

 生まれた子供は5ヶ月後に子供を産む可能性がありますから、2匹のオス、メスのうさぎから爆発的にうさぎが増えてしまいます。

 

 うさぎの子供はかわいいのでうれしいのですが、数が増えすぎるのは問題なのでオス、メスで飼う場合には動物病院で去勢をして子供が生まれなくすることが必要だと思います。

 

 以上のことより、うさぎを飼う初心者の方は一匹のみをゲージで飼うのがいいのではないでしょうか。

 

 一匹のうさぎでもあなたの愛情を十分に注げば、ちゃんと応えてくれます。

 

TOPへ