うさぎの肥満に気をつけましょう

 うさぎも4歳から7歳になりますと新陳代謝が落ちますので、だんだんと太りやすくなります。

 

 うさぎを抱き上げたときに肋骨がわからないほどでしたら太りすぎです。

 

 この年代にうさぎがなりましたら食事に気をつかって、太らないようにしてあげましょう。

 

 実際にはペレットなどの量を減らして干し草の量を増やしていきます。

 

 実際にはうさぎはペレットが食べやすいので干し草よりもペレットを好みます。

 

 そのために我が家ではペレットをカロリーの低いものに変えてあげています。

 

 ただしうさぎは食べ物の味覚に頑固なのでしょうか、新しい食べ物のに代えますと、なかなか食べてくれないときがあります。

 

 我が家ではシニア用のラビットフードに切り替えるときに、一度には代えないで、最初は少しだけシニア用を混ぜて、だんだんシニア用のペレットの量を増やし、一週間ほどで全量をシニア用に切り替えました。

 

 新しいエサに切り替えたいときは、切り替え前のエサが残っているときから初めて、まずは全量を切り替えてみて、食べないようでしたら前記した方法で切り替えていきましょう。

 

 そのために切り替え前のエサが残っている時から始める必要があるのです。

カルシウムの摂取量もへらしましょう

 うさぎも4歳から7歳の中年期になりますとうさぎに多い病気の尿石症にもなりやすくなるのです。

 

 うさぎも腎臓、尿管、膀胱、尿道に結石ができて、オシッコが出にくくなったり、血尿、食欲不振になります。

 

 原因はカルシウムの取りすぎですから、カルシウムの少ないチモシーをメインに与えるといったことが効果的です。

 

 一般的なうさぎのペレットはカルシウムが1.5%ほどありますが、うさぎにはカルシウムが0.4%もあれば十分ですから、シニア用のペレットもカルシウムの量を確認しましょう。

 

 

中年うさぎの運動量について

 我が家のうさぎは6歳を超えましたが、まだまだ元気に走り回ったり、飛び回ったりしていますが、一般的には中年期に入ったうさぎはやはり運動量は減ります。

 

 あまり動きたくないようでしたら、無理には運動させずに好きなように運動させるのがお薦めです。

ブラッシングもこまめにしてあげましょう

 中年期に入ったうさぎは自分で毛づくろいをあまりしなくなりますので、ブラッシングをこまめにしてあげましょう。

 

 運動量も少なくなりますので、血行が良くなるようにマッサージをしてあげるのも効果的です。

TOPへ