我が家のうさぎは高齢ですがとても元気に飛び回っている秘訣

-------- スポンサードリンク --------

うさぎの年齢を人間に換算しますと何歳か

うさぎの年齢を人間の年齢に当てはめると次のようになります。

 

 

 

成長期

2ヶ月 5歳
3ヶ月 7歳
6ヶ月 13歳

若齢期

1歳 20歳
2歳 28歳
3歳 34歳

中年期

4歳 40歳
5歳 46歳

高齢期

6歳 52歳
7歳 58歳
8歳 64歳

超高齢期

9歳 70歳
10歳 76歳
11歳 82歳
12歳 87歳
13歳 92歳
14歳 97歳
15歳 102歳

 後は1年で5歳加算すれば良いと思います。

 

 我が家のネザーランドのメスのうーたろうは7歳ですから人間でいいますと58歳となります。

 

 最近は50歳台といいましても美魔女というその年齢に見られない方もいますから、まだまだ若いというイメージがあっても不思議ではありません。

 

 そんな我が家のうさぎはとても元気で、部屋やベランダでダッシュしたり、飛び跳ねたりしています。

 

 さすがに若い頃と比べますと毛並みにツヤが無くなってきていますし、首の皮なども弛んだ感じは否めませんが。

 

 それでもとても元気で食欲もとてもあり、食事時間が遅れた時などはガツガツとエサを食べます。

 

 うさぎの寿命が最近は長くなり、10年を超えることもあるそうですが、我が家のうさぎも超高齢まで長生きすると思われます。

 

高齢うさぎの食事

 高齢となったうさぎの食事については、通常では年齢が若い頃のウサギとは栄養要求量も変わってきますので、イネ科の草をメインに、シニア用ペレットを半分ほどの割合で与えるといったことが一般的です。

 

 その他にも野菜や果物などを与えても良いというようです。

 

 加齢に合わせてカロリー消費が減ってくることに対応させるといったものです。

 

 実は我が家もうーたろうが高齢期になった最初はそうしていました。

高齢うさぎのために我が家がしていること

 実は我が家のネザーランドは若いころから少しメタボでした。

 

 抱いてあげても少し太っているなと感じています。

 

 エサを入れてあげる器も大きく、食欲もとてもあるために、器がほとんどカラになることもあるほどの食欲です。

 

 本来であれば長生きのためにダイエットをと考えるのですが、我が家では結構な量のペレットを与えています。

 

 さらにうさぎを飼い始めてから7歳になる今まで毎日ミルク入りのクッキーを食べさせています。

 

 クッキーの箱には「仔うさぎのミルケット」と表示されていますので、実際にはうさぎの成長期にあげるものだと思います。

 

 説明書にも

 

 ・ミルクとカルシウム入りで、離乳時の仔うさぎに適しています。

 

 ・穀物発酵エキス配合でペットの便臭緩和をサポートします。

 

 と書かれています。

 

 本来であれば高齢のうさぎには良くないように思うのですが、今では欲しがれば少し多めにあげることがあります。

 

 なぜかといいますとうさぎも齢を重ねると必ず栄養失調になります、老化の遅延のために栄養状態を良くしてあげようと思ったからです。

 

 老化の速度は栄養状態で決まるのだそうです。

 

 老化とは骨と筋肉が弱って乾いて縮む変化で、体からタンパクと脂と水が抜けていくということらしいのです。

 

 栄養が抜けていくのに粗食にしたら、ますます体衰えていくのは当たり前ということなのです。

 

 このことを知ったのは「介護されたくないなら粗食はやめなさい」という本ですが、これはうさぎにも当てはまると思ったからです。

 

--------- スポンサードリンク ---------

うさぎを日中は放し飼い

 我が家のうさぎは朝7時頃から夕方6時頃までベランダで放し飼いにしています。

 

 もちろん日陰もありますし、気温が高い日、とても寒い日などは屋内に避難しますが、うさぎにベランダの窓を開けてあげて、屋内に入るかどうか聞きますと自分で判断して入ってきます。

 

 日中は5畳ほどありますベランダで走りまわっていることもありますので、運動不足にはなっていないとおもいます。

 

 そのため7歳になった今もベランダでダッシュして遊んでいます。

 

 運動不足にさせない環境を作ってあげていると思っています。

 

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top