うさぎの種類について

うさぎを飼ってみたい時に、どの種類のうさぎが飼いやすいかということは重要なことです。

 

ペットショップで購入しやすいうさぎはミニうさぎ、ネザーランド、ロップイヤーで、ホームセンターのペットショップでもこの3種類がいることが多いと思います。

 

それ以外にもライオンドワーフ、ライオンロップ、ミニレッキス、ドワーフホト、イングリッシュアンゴラ、アメリカンファジーロップ、ジャージィーウーリー、イングリッシュロップ、フレンチロップ、フレミッシュジャイアントなどの種類のうさぎがうさぎ専門店にはいます。

 

これらの少しめずらしい純潔種のうさぎを飼いたいのでしたら専門店での購入が必要となります。

 

血統書が付いたうさぎをお迎えするのにはそれなりの費用が必要となります。

 

うさぎを飼うのが初めてで、どの種類のうさぎでもかわいければといった方は体が丈夫なミニうさぎが良いのではないでしょうか。

 

私も最初はミニうさぎを飼い、今ではネザーランドドワーフを飼っていますが、どちらのうさぎもかわいいと思っています。

 

うさぎは小さいと思っている方は多いと思いますが、ネザーランドドワーフの血統書付きのうさぎ以外は体がある程度大きいということを知っておく必要があります。

 

ネザーランドとの混血種の子はネザーランドの因子が強くでれば小型なのですが、大型になることもあります。
我が家が初めて飼ったミニうさぎとなっていましたので、名前から大人になっても小さいと思っていたのですが、それなりに大きくなってしまいました。

 

うさぎの寿命は10年ほど長生きする子もいます。

 

10年もの長い間お付き合いすることから、自分が一番飼ってみたい種類のうさぎを飼うのが良いのではないでしょうか。

 

うさぎの性格について

うさぎが好きな私は多くのうさぎに接してきましたが、人間と同じようにうさぎの数だけ性格があると感じています。

 

好奇心が強い子、人懐っこい子、臆病な子、よく寝る子、よく食べる子、頭の良い子などいろいろなうさぎがいます。

 

うさぎを飼いたいという方はそのかわいらしいしぐさと、甘えてきてくれるなどの対応に癒されたという方が多いと思います。

 

あなたが選んだうさぎの性格はしばらくの間付き合ってみないとわからないこともあります。

 

それでもうさぎは愛情を持って接してあげればちゃんと懐いてくれ、その気持ちに応えてくれます。

 

うさぎの持ってうまれた性格もありますが、大切なのはうさぎに対する正しい接し方としつけだと思います。

 

そうすれば多少の性格の違いがあってもうさぎはあなたの気持ちに応えてくれると思います。

種類による性格の違い

うさぎは種類によっても性格の違いがあるといわれています。

 

比較的ペットとしてお迎えしやすい種類の性格については次のように言われていますのでご紹介します。

 

ミニうさぎの性格

 

我が家が最初にお迎えしたうさぎもミニうさぎでした。

 

後で調べたらダッチ種でという子でした。

 

ミニうさぎと呼ばれているうさぎは雑種のうさぎの総称です。

 

さまざまなうさぎの品種の交雑種ですから、性格もメインとなっている品種のものが強いとのことです。

 

基本的には懐きやすい性格です。

 

私が飼ったミニうさぎは呼べば近寄ってきて遊んでと催促しましたし、ほとんど気に入らないという態度や怒ることがなく、とても温厚な性格でした。

 

価格もリーズナブルですし体力もある子が多いとのことですから、うさぎの飼育の初心者には一番飼いやすい種類だと思います。

ネザーランドドワーフの性格

我が家が飼いました最初のネザーランドドワーフは、ミニうさぎは警戒して行かなかった場所へも平気で言ってしまうほど好奇心が旺盛でした。

 

ぴょんぴょん飛んだり跳ねたり、走ったりが大好きな活発な性格というネザーランドの特徴そのものの子でした。

 

しかし意外に神経質で慎重なところもあるため、飼い主に慣れるまで時間がかかりました。

 

慣れてきますととても懐いてくれるのがネザーランドの良さです。

 

 

この子はホームセンターのペットショップからお迎えした血統書の無いネザーランドの子でした。

 

実はネザーランドとのミックスだったようでちょっと大型になってしまいましたが、とてもかわいかったのです。

 

こちらが血統書がありますネザーランドの子です。

 

 

 

耳の長さと顔の丸さが違います。

 

この子の性格はクールで、最初は触られるのを嫌います。

 

本当は撫でられるのが大好きなのですが。

 

 

 

ロップイヤーの性格

 

垂れた耳がとてもかわいいロップイヤーの性格は、穏やかであまり人見知りをせず、警戒心よりも好奇心のほうが強い性格です。

 

うさぎを飼う醍醐味の抱っこなどのスキンシップはしやすい種類です。

 

新しい環境にも適応しやすいのですが、自己主張も強く、縄張り意識が強いのです。

 

そのためなかなかおしっこをする場所を決めることが出来ない子もいて、ロップイヤーはおしっこのしつけがしづらい種類と言われています。

 

 

 

こちらはアメリカンファジーロップです。

 

ロップイヤーは体長は30cmほどで、体重は2kg程ととても大きくなります。

アンゴラうさぎの性格

うさぎの中にも毛がもふもふのアンゴラうさぎという種類がいて個人的にはとても気になっています。

 

性格はおとなしく甘えん坊なので抱いてあげると気持ちよさそうにします。

 

暑さに弱く、毛玉症に注意しなければならないなど飼うのはそれなりに大変です。

 

それでもこの毛がかわいくてたまりませんね。

 

 



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ