うさぎの飼育で良い環境とするために必要なものはこれです

-------- スポンサードリンク --------

うさぎに良い飼育環境を うさぎを飼うのに必要なもの

 うさぎを飼うために必要なものは、どの様にうさぎを飼うかによってちがいますが、我が家と同じで室内で一匹のうさぎを飼う場合について説明します。

 

 まず必要なのは飼育用の広いケージです。

 

 あなたがうさぎを室内で放し飼いという飼い方を考えている場合でも、うさぎの寝床やしつけという点からもケージはあった方が良いと思います。

 

 このうさぎを飼うケージの大きさはあなたがうさぎをどの様に飼うかによって違ってきます。

 

 うさぎを1日一回以上ケージの外に出して運動させるという飼い方の場合には、ケージの大きさはうさぎがゲージの中で立ち上がったり横になったりしてもいい大きさとなります。

 

 もちろんケージの中にはトイレや食器も置きますので、それだけでも余裕があるケージの大きさが必要です。

 

 うさぎをケージの中に入れたまま飼うのであれば、ケージの中でうさぎが運動出来る様な大きさが必要です。

 

 外で運動させるうさぎのケージの3倍以上の大きさがあることが理想です。

 

 そしてケージに床には木製のスノコを敷きましょう。

 

 床に金網の張ってあるゲージもありますが、その場合は足を保護するチモシーの座布団を敷いてあげましょう。

 

 うさぎがトイレを失敗してもスノコがあればおしっこやうんこはスノコの下に落ちてうさぎの体は汚れません。

 

 次はうさぎの水飲み器ですが、うさぎが誤ってひっくり返したりする可能性がありますので、皿型よりもボトル型の方がお薦めです。

 

 外付けのボトルタイプですとケージの中のスペースも取りません。

 

 うさぎの体に水がかからない様に取り付けてあげましょう。

 

 うさぎの主食の干草をいつでも食べれる様にケージに掛けておく干草入れも必要です。

 

 置き型よりも掛け型の方がやはり場所をとりませんのでお薦めです。

 

 食器はプラスチック製、金属製、陶器製がありますが重量のあるものが安定していてお薦めです。

 

 軽い食器ですとうさぎがかんだり、振り回したりしますので、我が家はずっしり重い陶器製の食器です。

 

 次はうさぎのトイレです。

 

 トイレの中にはトイレ砂やペットシーツを敷いてこまめに換えてあげましょう。

 

 我が家が使用したのはコーナー部に設置するトイレです。

 

 うさぎはちゃんとトイレの位置を覚えてくれますので、トイレは大事なアイテムです。

 

 うさぎのゲージに余裕があればうさぎの寝床となるマットなどもあるといいでしょう。

 

 わらで出来た寝床もうさぎが中でくつろげていいかもしれません。

 

 うさぎは物をかじることがすきなのでかじり木を用意しておくと、うさぎのおもちゃとなります。

 

 かじり木は乾燥した木などを置いておくのもいいです。

 

 うさぎをケージから出す時にサークルがあると便利です。

 

 サークルは普段うさぎを出さない飼い方をしている方も、ケージの掃除中などにうさぎを安心して出しておけるのでとても便利です。

 

 ただし低いサークルですとうさぎは飛び越えてそまいますので注意が必要です。

 

 うさぎのジャンプ力は結構あるのです。

 

 これだけ用意してあればうさぎを飼うことができます。

 

--------- スポンサードリンク ---------

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top