うさぎの寒さ対策にうさぎ用グッズのかまくらハウスを買いました

-------- スポンサードリンク --------

うさぎの寒さ対策にうさぎ用グッズ かまくらハウス

 最近の我が家のネザーランドのうーたろうが寒そうに新聞紙のトイレでうずくまっている様子を見て、少しだけ暖かくなるような物を探していたました。

 

 今日うさぎとCafeに行った時に、とても暖かそうでおもしろそうなかまくらハウスがありましたので買っちゃいました。

 

 我が家のネザーランドは伸びをしますと30センチはありますので、大きいかまくらハウスが必要で、大きいのを購入しました。

 

 うさぎとCafeには2個の在庫があったのですが、比べてみますと大きさがまったく違いました。

 

 もちろん大きい方を購入しましたが、販売価格は1480円でした。

 

 うさぎとCafeにはうさぎの暖を取るためのお家としまして、チモシーで出来た物ではなく、暖かそうな起毛の布で出来た白いうさぎハウスもありました。

 

 こちらはもっと寒くなったときにヒーターが入れれる様になっていましたが、やはりうさぎには天然素材がいいと思いまして、購入はチモシーのうさぎのかまくらとなりました。

 

 家に帰りまして我が家のうーたろうの目の前に置いてみたのですが、ちょっとかじって完全に無視です。

 

 なんとか入ってくれないかなと思い、我が家特製のダンボールハウスを封鎖しまして、かまくらに入ってくれる事を待ていました。

 

 うーたろうは結構警戒心が強いので、すぐにはかまくらハウスには入ってくれないので、ゆっくり慣れていってほしいと思っています。

 

 うさぎとカフェの方も言っていましたが、うさぎによってはかじるだけの子がいたり、無視するうさぎもいるとの事ですので、寒そうなうーたろうが中に入ってくつろいでくれればいいなと思います。

 

 うさぎの寒さ対策としましては次の様なことが効果的です。

 

 うさぎ自身の対策としまして、うさぎの体温が奪われないようにすることが大切です。

 

 ログベッドやソファー、トンネル、ゆりかごなどでうさぎの体がすっぽりとかくれる状態にしてあげますと、うさぎはかなりの寒さに耐えることができるのです。

 

 やわらかな牧草をケージの中にたっぷりといれることだけでも、うさぎは体温維持しやすくなります。

 

 我が家にもあります乗るタイプのヒーターはうさぎの体温を高くしすぎてしまう恐れがありますし、低温やけども心配ですので、決して直にならない様にする必要があります。

 

 もちろんコタツも良くありませんし、床暖房用のホットカーペットの上にうさぎのゲージを置くのもよくありません。

 

 うさぎもあまり早く寒さ対策をしてしまいますと、寒さに対する抵抗力が衰えてしまうそうですので、寒さ対策もほどほどにしなくてはなりません。

 

 うさぎの寒さ対策のお勧めの方法としましては

 

1、ケージの中にやわらか牧草などの保温材をいれる。
2、ケージのなかに体温を保持するかまくらやゆりかごなどをいれる。
3、ケージの床にうさぎのじゅうたんやざぶとんなどを敷く。
4、ケージと部屋の床の間にマットやじゅうたんを敷く。

5、うさぎがまだベビーの場合や高齢の場合、また病後の場合にはヒーターを用意するのがいいでしょう。

 

 


 気温が下がってくると、うさぎのメスは巣作り行為をするようになるのです。

 

首の下の毛(デュラップ)が大きくなり、これを抜いてベビーのベッドを作る準備をするのです。

 

 あなたが飼っていますうさぎがメスでしたら、寒くなりだしますと巣作りをする準備で毛をたくさん飲みこむことになりますので、胃の毛詰まりにも気をつけてあることも必要です。

 

うさぎ,寒さ,対策,うさぎ,グッズ,かまくらハウス

--------- スポンサードリンク ---------

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top