寒さ対策の飼育用品

我が家のうさぎの寒さ対策としてヒーターを買ってあげました。

 

うさぎはこのヒーターに乗ってくつろいでくれるのかなと思ったのですが、最初は警戒してまったく乗ってくれません。

 

やはり直にヒーターは無理かなと思って上に布を敷いてあげるのですがそれでもまったく利用してくれませんでした。

 

うさぎによっては人工的な温かさは嫌いなのかもしれません。

 

ヒーターが大好きなうさぎもいますから。

 

 

嫌いな子は寒くてかわいそうかなと思い、ゲージを寝る前に覆ってあげることにしました。

 

我が家ではうさぎは室内で飼っていますのでそれほど寒くはならないのですが、それでもたまに寒そうに丸まっていますので、部屋が暖かくなればリラックスしてくれるのではないでしょうか。

 

以前に飼っていましたミニうさぎは、寒い冬に部屋で放し飼いにしてあげますと、ファンヒーターの前に陣取って横になっていました。

 

でもファンヒーターの熱い部分に長いひげが触ってしまうことがあるらしく、ひげがよくクルンと丸まってしまっていましたのでその姿に笑ってしまっていたものでした。

 

最近ではうさぎ用のセラミックヒーターも販売されているようですので、ゲージの外側からやんわりと温めてあげるのも良いと思います。

 

日中はうさぎは自分で暖かいところを探しているのから良いのですが、夜にはうさぎのゲージに湯たんぽを入れて温めてあげるのも良いかもしれません。

 

できれば湯たんぽはうさぎ型のものであれば、見ている方も楽しめるのではないでしょうか。

 

うさぎの湯たんぽは陶器製であれば汚れても大丈夫ですし、うさぎにかじられる心配もありません。

 

ただちょっと大きいのでゲージの中に入れると、うさぎが少し窮屈かもしれませんね。

 

うさぎは天然の毛皮を着ていますので18℃ほどの寒さには本来強いのですが、我が家のうさぎは人間の環境になれていますので、快適な環境をどうしても好む様になってしまっているようです。

 

冬で18℃よりも冷えてきましたらうさぎには寒さ対策が必要だと思います。

 

うさぎの体温は高くても40℃ですからそれ以上の温度のヒーターの上に直接乗せるにはうさぎにとってはよくないようですし、ファンヒーターの前にゲージを置いてあげるのもよくないでしょう。

 

部屋のエアコンの付けっぱなしも空気がとても乾燥しますので、人間だけでなくうさぎにもよくないでしょう。

 

暖房器具に頼らないのであれば、うさぎの寒さ対策として良いのはうさぎのゲージの中に干し草でできたトンネルなどを入れることで、うさぎ自身の体温で温まるという方法もあります。

 

ゲージの中に柔らかい牧草を保温材として入れることもOKでしょう。

 

うさぎの寒さ対策は適度な運動でうさぎ自身の体温をあげ、栄養も十分与えてうさぎ自身の体温が奪われないようにしてあげれば良いのではないでしょうか。

 

寒さ対策でうさぎの温めすぎもよくないので、そういった場合にはクールダウンできる環境もあると良いでしょう。

 

 

ヒーターにコルクシート

うさぎにプラスチック製のヒーターを購入してケージに入れたのですが、ヒーターの表面に滑り止め加工がしてあってもやはり滑るようであまり好んでヒーターの上に乗ってくれませんでした。

 

滑り止めとして天然のコルクが薄くなったコルクシートをヒーターに貼ってあげました。

 

これであれば滑ることがありませんので乗ってくれるようになりました。

 

コルクの端をかじることもありますが、あまり気にしないことにしていました。

 

 

 

体が十分に温まればヒーターから降りて、下のスノコのところでくつろいでいます。



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ