うさぎの散歩に必要な うさんぽ用ハーネスについて

-------- スポンサードリンク --------

うさぎの散歩に必要な うさんぽ用ハーネスについて

 我が家のミニうさぎも、ネザーランドうさぎも、うさんぽのためのハーネスを付けられるのを非常にいやがります。

 

 ですから、うさぎのうさんぽの時は、嫌がってハーネスから逃れようとして暴れるうさぎを捕まえて、ハーネスを付けることになってしまいます。

 

 うさぎはハーネスにはなかなか慣れないようで、何回もうさぎをうさんぽさせて、ハーネスに慣れさせるしかないと思っています。

 

 嫌がるからといってハーネスを付けないでのうさんぽはお薦めしません。

 

 広い場所でのうさぎの行動は予測がつきませんので、突然驚いて暴れだしたり、走り出したりすることがあります。

 

 出来るだけうさんぽんぽの時はハーネスをうさぎに付けて、リードをつけておくのが安全で安心です。

 

 車で公園に行く場合にはサークルを持っていくという方法もありますが、サークルが小さいと部屋の中と同じになって、うさぎを外へ連れて行く意味が半減してしまいます。

 

 うさぎに日頃からハーネスとリードを付けることを慣れさせるとよいでしょう。

 

 うさぎのハーネスの付け方は、うさぎをひざの上にだっこして、うさぎの背中にはハーネスをあてます。

 

 バックルを首周りと腹周りに調整して回して留めます。

 

 最後にハーネスの状態をチェックしましょう。

 

 ゆるすぎでもだめで、きつすぎてもかわいそうですので、ちょうど良い様に調整をしてあげましょう。

 

 ハーネスやリードは慣れるまで、室内での練習も良いと思います。

 

 うさぎにハーネスを付けまして、うさんぽのために家の玄関先の地面に降ろした時は少し興奮気味になります。

 

 それでも公園などに行きましてうさんぽさせる頃には、ハーネスの事はうさぎは忘れてしまっているようです。

 

 公園では日頃と違う環境のため、うさぎは周りの事や音が気になるようで、ハーネスまで気にしていられないといった状態なのかもしれません。

 

 それでもうさぎがしばらくして周りの環境になれてきますと、うさぎとのうさんぽとなります。

 

 うさぎのうさんぽといってもテクテク歩きまわることは我が家のうさぎでは余りありませんので、ゆっくりと歩くのを楽しむのに付き合うといったものです。

 

 うさぎのうさんぽをする公園も、出来ましたら静かな公園が良いのですが、我が家の近所にはありがたいことに良い公園があります。

 

 ただし、うさぎのうさんぽをしている公園は犬の散歩もかなり行われていますので、犬には注意が必要だと思っています。

 

 また子供もうさぎに興味を持って近づいてきますが、小さな子供は予想外の事をしますし、抱かせてあげても落とすことがありますので注意が必要です。

 

 うさぎにハーネスを付けるのは、うさぎにストレスを一時的に与えてしまっているのかもしれませんが、うさぎの安全などを理解して、うさぎとうさんぽするためには必要です。

 

 その様な気持ちでうさぎに接してあげれば、うさぎはあなたの気持ちに応えてくれて、楽しそうにうさんぽしてくれるのではないでしょうか。

 

 我が家ではハーネスをうさぎに付け終わったら大好物のクッキーをひとつあげる様にしています。

 

 そのうちハーネスを付けますとクッキーがもらえると、うさぎは楽しみにしてくれると良いなと思っています。

--------- スポンサードリンク ---------

うさぎの散歩,うさんぽ、ハーネス 

 

 今日は嫌いなハーネスを付けているけど余り気にしていないよ。

 

 それよりもお花のにおいがいいから気になっちゃう!

 

 お花食べちゃおかな〜!!

 

 それはだめですよ〜。
 花はだ迷わくう〜

ハーネスを嫌がる時には

 我が家が飼っていたまたは今飼っているネザーランドはハーネスを嫌がるとはいっても、それほど抵抗はしませんし、付けてしまいますと気にはならないといった様子です。

 

 そのためハーネスを付けてうさんぽしていますが、ハーネスをとても嫌がるのでしたらやはりお勧めしません。

 

 我が家もうさぎの5匹(羽)と付き合いまして性格がとても違うことを実感しています。

 

 そのため無理やりというのはやめた方が良いと思います。

 

 うさんぽは飼い主がうさぎとの関係を楽しみたいという要素が強い部分もあります。

 

 我が家のうさぎはわがままな飼い主のうさんぽに気を使って付き合ってくれているのかもしれません。

 

 うさぎの様子を見てハーネスは着けるかどうかを判断してあげるのが良いと思います。

 

 

 

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top