節電の夏を乗り切るクーラーハウス

 うさぎは人間に比べて全身が毛に覆われていますので、暑い夏は厳しいシーズンとなります。

 

 暑い夏にエアコンが効いた部屋にいるうさぎは良いのですが、今年は節電からエアコンの温度を少し上げている方も多く、扇風機だけの使用という方もいらっしゃると思います。

 

 そういった場合に電気代を使わずうさぎが日中涼しい状態が作れないかと考え、ネットで良い方法はないか探していました。

 

 そこで見つけたのが保冷材を使ったものです。

 

 もちろんうさぎを保冷材の上に直接乗せることは出来ませんから、保冷材からの冷たい冷気を使うものです。

 

 どういったものかといいますと、うさぎの小屋の上の保冷材を乗せて、そこからの冷気で小屋の中を冷やすというものです。

 

 市販されているものは木製でとてもしっかりしているものでしたし、値段もそれなりでしたから、我が家のうさぎが実際に利用してくれるかどうかということもあり、とりあえずは我が家の得意なダンボールで製作してみることにしました。

 

 作ってみて感じたのですが、ダンボールにはもともと保温効果が少しありますので、意外といい感じになったと思います。

 

 うさぎも通常中に入ってくつろいでいるいつもの小屋と同じですから、最初から違和感なく利用してくれています。

 

 

クーラーハウス 作ってみてわかった問題点と対策

 実はこの便利だと思ったうさぎのクーラーハウスですが、実際に使ってみますと問題点があったのです。

 

 それは保冷材が冷たいので、空気中の水分が保冷材について、ダンボールが湿ってしまったのです。

 

 うさぎが寝ている上から保冷材に付いた水が落ちることもあり、ちょっと対策が必要といった状態でした。

 

 保冷材をむき出しで最初は使用したのですが、まわりに水が付いても良い対策として、タオルで保冷材を巻いてから受け皿なるプラスチックの器に入れて使用するのです。

 

 これにより結露した水はタオルに吸収されますし、タオルの吸収力以上の水分は受け皿でとどまるのです。

 

 プラスチックの受け皿はなるべく薄いものが効果的です。

 

 薄い受け皿が用意できない方は、サランラップでタオルの上から包んでしまうというのもお薦めです。

 

 

 市販品に比べますとかなり見劣りするのですが、機能は同じと思ったのです。

 

ケージの横に保冷材

 ペットショップではうさぎを飼育するのに最適な温度は24度といわれました。

 

 しかし24度というのは夏のエアコンの設定温度としては低いかもしれません。

 

 そこでお店で勧められたのはケージの側面に保冷材を付けることです。

 

 これであれば冷気がケージ内に伝わるというものです。

 

 

TOPへ