ミニうさぎについて

我が家が最初に飼いましたうさぎはミニウサギでした。

 

実家にはうさぎがいたことがありましたが、うさぎの飼育はまったく知りませんでした。

 

そういった状況で娘がペットショップで急にうさぎが飼いたいとなりましたので、本当に急遽飼うことになったのです。

 

そしてその時にペットショップにいたうさぎがミニうさぎでした。

 

そしてお迎えをしましたのでミニうさぎについて調べてみました。

 

ミニウサギといううさぎはどの様なうさぎかといいますと、主に「いなばのしろうさぎ」の赤い目と白い毛のうさぎ、ジャパニーズホワイト種とオランダ産の小型のうさぎのダッチ種などの血を引く雑種のウサギのことだそうです。

 

ミニウサギというのは通称で、ジャパニーズホワイト種よりも小さくてかわいかったのでミニウサギという通称になったようです。

 

ミニうさぎはネザーランドやロップイヤーのような純血種ではないことから高額なペットではないので、うさぎを飼ってみたいという方の入門用のペットとしては適しているということです。

 

子うさぎの時のかわいさも純血種に劣りませんので、どうしても耳がたれたうさぎでなくちゃという方や小型のうさぎが欲しいという方でなければおすすめです。

 

我が家にお迎えしたパンダの様なミニうさぎはとてもかわいくて癒されました。

 

 

後でダッチうさぎということを知りました。

 

 

 

うさぎの種類について

現在は交配によってさらに大人になってもあまり大きくならないウサギの種類も作られたりします。

 

通称のミニウサギは名前がミニウサギとはなっていますので大きくならないと勘違いされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ミニウサギはあくまでも雑種ですので飼育していますと結構大きくなたしまう子もいます。

 

現在ペットとして飼われていますうさぎの種類は約150種ほどあり、種類によっては体重1kgから2kgの小型種もいます。

 

ミニうさぎはこれらと同じ種類と思われてしまっているかもしれませんがまったく違います。

 

小型種のうさぎを飼いたいという方はやはり純血種の小型のうさぎがいいと思います。

 

 

ネザーランドドワーフ

 

体重は0.8kgから1.3kgほどで人に良くなれ、豊富な毛色と表情が豊かなために人気のうさぎの種類です。

 

ピーターラビットのモデルとしても知られている外観は小さな体に大きな頭、両耳がくっついたように立つちいさな耳が特徴です。

 

 

ポーランドロップ

 

体重は1.3kgから1.8kgほどで、温厚な性格の子が多いのが特徴です。

 

全体的に丸っこくかわいいたれ耳の小型うさぎです。

 

 

アメリカンファジーロップ

 

体重は1.3kgから1.8kgほどで、好奇心が旺盛で人を怖がりません。

 

長い毛と垂れた耳が特徴で、顔は幅広く耳はゆったり垂れています。

 

毛が大人になりますと5センチ以上に長くなりますのでこまめなブラッシングが必要です。

 

 

ジャージーウーリー

 

体重は1.3kgから1.6kgほどで、非常におとなしく抱っこも嫌がりません。

 

体は少しウエーブのあるふわふわの長い毛で、耳や顔の毛は短いのが特徴です。

 

 

ミニレッキス

 

体重は1.5kgから2.0kgほどで、人なつっこい性格です。

 

ベルベットのような手触りの毛を持っていまして、ひきしまった体と足腰が強いうさぎです。 

 

 

ライオンドワーフ

 

体重は1.5kgから2.0kgほどで、おとなしく、温和な子が多い。

 

ペットショップにはこれらの小型のうさぎがいますので、気に入ったミニウサギを探してみてください。

 

ミニウサギ,ミニウサギの種類,我が家,最初,うさぎ

我が家のミニうさぎは混血種がよくわかりました

ミニウサギ,ミニウサギの種類,我が家,最初,うさぎ

 

我が家のうさぎは混血種だという事が強く出てしまったといえるウサギです。

 

外観はダッチ種らしくパンダうさぎなのですが、実は我が家のうさぎは左右で目の色が違ったのです。

 

この左右の目の違いは我が家にうさぎを赤ちゃんうさぎでお迎えしてからしばらくしてから気が付きました。

 

赤ちゃんうさぎの時は愛くるしい姿からあまり気にしなかったのですが、うさぎが大きくなるにつれ右から見たのうさぎの表情と左から見たうさぎがとても違う事に気が付いてきたのです。

 

だからといってこのうさぎを嫌いになる事はまったくなくその事を楽しんでいました。

 

右からみた我が家のうさぎの姿はとてもクール!!

 

うさぎがこちらを見ている姿は「なにしとるネン」と言われている様なクールなまなざしなのです。

 

ブルーグレーの目はとてもクールでかわいいというのは無縁のうさぎとなってしまうかもしれませんが、獲物を狙う鷹の様な目でクールなうさぎを楽しめます。

 

デジカメでうさぎとのさんぽを撮影するのですが、右からの姿はかわいいというのはちょっと無理があるクールなミニうさぎとなります。

 

ところが反対側の目のうさぎの姿はとてもやさしいうさぎなのです。

 

「一粒で二度おいしい」という、どこかの古いお菓子のフレーズの様にうさぎとさんぽしていても2ひきのうさぎと散歩しているように楽しめます。

 

かわいいうさぎで癒されるさんぽではどうしてもかわいい方の姿の写真撮影ばかりとなってしまうのですが、それもしょうがないかなと思います。

 

左右の目の色が違ううさぎは混血の証明としてのうさぎということで、貴重なうさぎだと思います。

 

お迎えしたペットショップのオープンの時の広告の目玉商品として我が家に来ましたミニウサギでしたが、目のことでその様なことになったのでしょう。

 

目の事はあまり気になりませんし、うさぎのパンダの様な白黒の模様がとてもかわいいの気に入ってかわいがっています。

 

左右の目の色が違うのは混血種であるという証明なのでしょうか。

ミニウサギ,ミニウサギの種類,我が家,最初,うさぎ

  クールに見えるでしょ!?

 

  花より男子と見られて困ってしまちゃう〜

 

  こう見えても私女の子なんだけど!!




当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ