ドレスハーネス用の生地について

うさんぽ用のドレスハーネスを我が家のうーたろう用に作ってあげようと思い、手芸店に材料を購入しに行きました。

 

生地は芯が必要のないキルティングが簡単だと思いましたので気に入った柄のものを探しました。

 

生地は30センチから10センチ単位で販売できますと言われましたので30センチのみ購入しました。

 

30センチでも十分で実際には半分も使用しませんでした。

 

ふちどりのテープは幅広の方が作るのが簡単だと思い選びました。

 

 

ハーネスのリードにつなぐ部分は自作バッグ用のパーツで手持ち部分を付けるものが丁度良いと思いましたのでこれを使うことにしました。

 

このリング2個をリードの金具に付ければ良いのです。

 

 

後は背中の部分をとめるマジックテープです。

 

 

素材はこれだけですから1,500円ほどでそろってしまいました。

型紙について

型紙はありませんので以前ネットショップで購入したドレスハーネスを生地にのせて鉛筆でだいたいの大きさを書きました。

 

 

購入したドレスハーネスはうさぎの体の大きさに合わせて調整できるようになっていました。

 

これを素人が作るのは大変なので、我が家のネザーランドの体に合わせて前足を入れる部分に穴を開けるだけの簡単なものとしました。

 

 

 

それをまず切ったのですが、縫い始める前に実際にうさぎの前足を通して着せてみました。

 

首の部分や足を入れる部分の大きさを調整しながら生地を切りなおしていきました。

 

うさぎが最近太ったのか首の部分がきつくなっていましたのでゆるくなる様に足を入れる場所と首回りの生地を適当に切りました。

 

ネザーランド用の型紙はこれほどの大きさで良いのではないでしょうか。

 

切り方も適当ですから左右は対照とはなっていませんが、うさぎが着てしまえばまったく気になりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着せてみました

製作にかかった時間は首回りの修正を2回行ったことから2時間ほどかかってしまいました。

 

我が家のうさぎのドレスハーネスのサイズがわかりましたので、時間からはこれほど時間はかからないと思います。

 

今日はうさんぽには連れて行きませんので、ベランダで着せた姿を撮影しました。

 

天気の良い日に公園に連れていくのが楽しみです。

 

 

 

 

 

きれいな色のピンクは女の子らしくて良いですね。



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ