うさぎを飼うには大きいゲージがお勧めな理由について

-------- スポンサードリンク --------

うさぎの市販されているゲージは小さい

 我が家がうさぎを赤ちゃんで購入した際に、いっしょにゲージを購入しましたので、こんなに大きいゲージはいらないのではないかとペットショップの店員に聞いたことがあります。

 

 ペットショップの店員はうさぎは大人になりますと大きくなりますので、私たちが購入したゲージよりももう少し大きいゲージを勧められました。

 

 私たちは店員の助言を無視して小さいゲージを購入しましたが、うさぎが大人になった時に、うさぎがゲージの中で伸びて寝ることが出来ない姿を見て、ペットショップの店員の言うとおりにもう少し大きなゲージを購入しておけば良かったと後悔しました。

 

 

 

 ちなみに我が家のゲージの大きさは幅56センチ奥行40センチのゲージです。

 

 このゲージでミニウサギとネザーランドを飼いましたが、どちらにも小さいと感じています。

 

 

 

うさぎのゲージの大きさ

 我が家のうさぎのゲージの大きさは56cmと40cmと小さめなのですが、一番大きいうさぎのゲージは幅156cm、奥行77cmのものがありました。

 

 狭い敷地でも良い3階建てのうさぎ小屋もありましたのには、驚きました。

 

 イタリア製のゲージだそうで、イタリアのうさぎは快適な住環境なのではないでしょうか。

 

 日本製で入手しやすいうさぎ用のゲージは幅81cm、奥行50cmとなっています。

 

 もっとも、うさぎは小さなゲージでも飼えるということからペットにしようとする方が多いのが実情で、うさぎは小さなゲージ内で飼うこともできます。

 

 我が家も一番最初のうさぎは小さなゲージで飼っていて、運動時は部屋の中で放し飼いにしてあげていました。

--------- スポンサードリンク ---------

小さなゲージでうさぎを飼う工夫

 56cmと40cmと小さめなゲージでネザーランドを飼っている今はどうしているかといいますと、ゲージのまわりにサークルを置いて、うさぎの実際の行動の場所を広くしています。

 

 そのためうさぎはゲージに入るのが食事と水を飲む時、トイレを使う時だけとなっています。

 

 それ以外の時間はゲージの廻りに置かれたサークル内でくつろいでいます。

 

 

 サークルの大きさは調整ができますので、たまには大きくサークルを伸ばしてあげて、部屋の中で自由に遊ばせてあげています。

 

 

 これですと小さなゲージしかなくても、うさぎを伸び伸びと飼ってあげることができます。

 

スポンサードリンク





この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています
page top