市販されているケージは小さい

うさぎを初めて赤ちゃんの時に購入した際にいっしょにケージを購入したのですが、こんなに大きいケージはいらないのではないかとペットショップの店員に聞いたことがあります。

 

ペットショップの店員はうさぎは大人になると大きくなるので私たちが購入したケージよりももう少し大きいゲージを勧められました。

 

大きくなったうさぎを想像することができなかった私たちは店員の助言を無視して小さいケージを購入しました。

 

しばらくしてうさぎが大人になった時にうさぎがケージの中で伸びて寝ることが出来ない姿を見て、ペットショップの店員の言うとおりにもう少し大きなケージを購入しておけば良かったと後悔しました。

 

 

 

ちなみに我が家のケージの大きさは幅56センチ、奥行40センチでした。

 

 

 

うさぎのケージの大きさ

我が家のうさぎのゲージの大きさは幅56cm、奥行き40cmと小さめなのですが、一番大きいうさぎのケージは幅156cm、奥行77cmのものがありました。

 

狭い敷地でも良い3階建てのうさぎ小屋もありましたのには驚きました。

 

イタリア製のケージでイタリアのうさぎは快適な住環境なのではないでしょうか。

 

日本製で入手しやすいうさぎ用のゲージは幅81cm、奥行50cmとなっていました。

 

もっともうさぎは小さなケージでも飼えるということからペットにしようとする方が多いのが実情で、うさぎはそれほど大きくないケージ内で飼うこともできます。

 

うさぎは小さなケージで飼っていたことから運動のためにたまに部屋の中で放し飼いにしてあげていました。

小さなケージでうさぎを飼う工夫

小さめなケージでうさぎをを飼っていますのでケージのまわりにサークルを置いて、うさぎの行動できる場所を広くしていました。

 

そのためうさぎはケージに入るのが食事と水を飲む時、トイレを使う時だけとなっていました。

 

それ以外の時間はケージの廻りに置かれたサークル内でくつろいでいました。

 

 

サークルの大きさは調整ができますので、たまには大きくサークルを伸ばしてあげて部屋の中で自由に遊ばせてあげていした。

 

 

これですと小さなケージしかなくても、うさぎを伸び伸びと飼ってあげることがでました。

 



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ