爪が伸びすぎるとどうなるか

 我が家のうさぎは爪を切られるのが嫌いです。

 

 爪を切るためにうさぎの専用爪きりを使うのですが、うさぎが急に動いて神経や血管が通っている爪の部分を切り出血しないようにするために押さえられるのが嫌いなのです。

 

 そのためうさぎの爪きりを忘れてしまうことがあるのですが、そういった時はうさぎの爪が長く伸びすぎたため、下図のように曲がっている状態でどんどん伸びてしまっていました。

 

 うさぎの爪が伸びるのと同時に爪の血管も伸びてしまったように見えました。

 

 また、うさぎの爪は切らないと先が尖ってきますので、素手で抱いたときには爪が直接皮膚に当たると痛いかもしれません。

 

 あまり伸びますとうさぎが伸びた爪を引っ掛けて折れてしまうかもしれませんので、やはりある程度伸びてきたら切るのが良いと思います。

 

 爪が血管のある場所で折れると、出血するのはいうまでもありません。

 

 私も一度うさぎの爪きり時にうさぎが動いたので血管のある場所を切ってしまったことがありますが、出血の多さにちょっと驚きました。

 

 爪からの出血は指で出血部分をしばらくの間止血してあげれば止まったのですが、細菌などが入るといけないと思い、マキロンで消毒をしておきました。

 

爪を切る場合のお勧め

 我が家はうさぎの爪は私が切りますが、どうしても嫌がりますので最近では大きなバスタオルで体を包んでしまい、爪を切りたい足だけを出して、しっかり押さえて切るようにしています。

 

 慣れない方はうさぎが動かないように抱く方と爪を切る方の2人で行えばとても簡単です。

 

 うさぎによっては爪のどの部分まで血管がきているのかわからない子もいると思いますが、そういった場合は懐中電灯で爪を透かせば、何処まで血管がきているかすぐに分かります。

 

 我が家も分かりにくい時にはその方法で見て、大体何ミリほど切れば良いのかを確認します。

 

 どうしても爪を自分で切ることが出来ないのでしたら、動物病院などで1,000円ほどで切ってもらえると思いますので、1ヶ月に一度はうさぎの爪をチェックして、伸びすぎているなと思いましたら切ってあげましょう。

 

TOPへ