エサをあげるのも大変

我が家のうさぎの食欲が旺盛ということはお伝えしましたが、実際にエサをあげる際はお腹が減っている時は大変です。

 

今回はその様子の一部をご紹介します。

 

我が家のうさぎは小さな時から食べているクッキーが大好きということはお伝えしていますが、エサの時にはクッキーを早くチョウダイと毎回せがみます。

 

手を噛みはしませんが、早くチョウダイと過激の催促されますのでお腹を減らしたうさぎの世話は大変です。

 

 

食欲は健康な証拠

今はとても食欲があるうさぎですが、一時期は毛球症のせいかまったく食べてくれませんでした。

 

その時は大好きなクッキーをあげてもこういった待ってましたというリアクションはしてくれませんでした。

 

そういうことから、エサを待っていたよと喜んでくれるうさぎの姿はとても健康が良い状態ということです。

 

エサをあげる方も待っていてくれるのはうれしいものです。

補助のエサは少なめが良い

我が家のうーたろうは最近は食欲旺盛ですが、そういった時でもメインではないペレットやドライ野菜はそれほど多くあげないようにしています。

 

できるだけ健康に良いチモシーを食べてもらえるようにするためです。

 

ペレットの量が多いとチモシーがあまり食べてもらえないのです。

 

さらにペレットがまだエサ入れに十分にある時には、今回のようなエサが欲しいという態度はとってくれません。

 

うさぎの健康にはエサ時間前にはやはり空腹といった感覚も必要ではないかと思います。

 

我が家のうさぎは少しメタボですが、高齢になっても健康状態は良いことが多いと感じています。

 



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ