うさぎは凶暴

先日もうさぎが放し飼いにされている愛知牧場に行きましたが、動物は噛むことがありますから注意という表示がありました。

 

うさぎにあげるエサは長く切られたニンジンですから、噛まれることもなくうさぎと遊んで帰ってきました。

 

 

我が家のネザーランドのうーたろうは最近食欲が旺盛で、朝起きた時には前日の寝る前にあげておいたチモシーの干草がすっかり無くなっていることが多いのです。

 

そんなある日エサ入れに何も残っていなかったことと、エサをあげる時間が遅くなったこともあり、うさぎはケージの中のエサ入れの前でエサをもらえるのを今か、今かと待っているではありませんか。

 

うさぎの大好物のクッキーが入っている容器の中でクッキーがカラカラという音を立てたものですから、うーたろうは後ろ足で立って「まだ〜!!」と要求しています。

 

クッキーを取ってエサ入れに入れようとクッキーを持っている手を容器に近づけたら、「痛い〜!!」となりました。

 

うーたろうにクッキーと間違えられたのか指を噛まれてしまいました。

 

かなり痛かったので見ますと指には前歯2本の跡がついて、血がにじんでいるではありませんか。

 

それほどお腹が減っていたのかと思い怒りはしませんでしたが、こういった時にエサをあげるには注意が必要だなと感じました。

 

残念ながら我が家のうさぎには犬のように「待て」というしつけはしてありません。

 

噛まれた指の場所を消毒しましたが、かわいく見えるうさぎもやはり動物ですから、食欲が旺盛な時には注意がひつようだなと思いました。

 

噛まれないための対策

食欲旺盛のうさぎに指を噛まれてからは、エサを順番にケージ内のエサ入れに入れていくのではなく、エサ入れをケージの中から取り出し、エサを入れてからケージに戻す様にしました。

 

これであればうさぎも間違って指手を噛むことはないと思います。

 

何かの記事に書かれていましたが、うさぎの視力は0.01程度だそうです。

 

それであればクッキーと指を見間違えてもしょうがないですね。



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ