ネザーランドうさぎとは

 うーたろうが月に帰ってしまったことから、我が家ではブリーダーの方のうさぎ専門店からネザーランドドワーフの子供をお迎えしました。

 

 今お迎えした子は生後2ヶ月ほどとなりますが、ネザーランドドワーフらしい外観となっています。

 

 我が家では月に帰ってしまったうーたろうのポートレート写真がうさぎのケージ近くにあることから、毎日見ています。

 

 あらためて見ますと、うーたろうはやはり純粋なネザーランドドワーフではなかったのではないかと思えるのです。

 

 確かに、今の子をお迎えする時にいつも行く近くのホームセンターで、偶然店頭に出される前のうさぎを見たのですが、その際にお店の方の話しでは、ホームセンターに来る子は血統書が無いことからもわかるように、ネザーランドと思われる外観の子をネザーランドとして嫁がせますが、純粋なネザーランドドワーフではない子もいると言われました。

ネザーランド特徴と調べてみた

 気になったので「ネザーランド特徴」と調べてみましたら、ウィキペディアには次の様な記載があり、ちょっとショックでした。

 

 内容は日本のペットショップで、うさぎ専門店の純血種よりも安価な価格で売られているうさぎのほとんどは、ネザーランドドワーフとの雑種や派生種だということです。

 

 そのため、ネザーランドドワーフの特徴とはかけ離れた、長い顔になったり、耳が長くなったり、大型化したりなど、外観が違ってくる可能性があるそうです。

 

 またネザーランドドワーフという名前ではなく、ネザーランド・ラビットとか、ピーターラビットという名前で販売されることがあるとのことです。

 

 確かにうーたろうもネザーランドというケージの表示で、決してネザーランドドワーフではありませんでした。

かわいいうさぎにはかわりはありません

 改めて見ますと、ネザーランドドワーフの特徴とはかけ離れた、長い顔で耳が長く、大型化したうーたろうでしたが、とてもかわいかったと思います。

 

 

 もっと長くいっしょに居たかったのですが、9年間家族の一員としていてくれたことを感謝しています。

TOPへ