うーたろうの思い出のフォトアルバム

 実は我が家のうーたろうは先日月に帰って行きました。

 

 詳しいことは別記事を書くのですが、急遽思い出として9才の春のフォトブックを作りましたので、記念として残しておこうと思いました。

 

 ただし写真はうさぎを飼っている楽しみとして一緒に近所の公園に「うさんぽ」に行った際のものですから、特別に撮ったものではありません。

 

 記事内で8才の春のフォトブックの続きなのです。

 

 我が家から歩いて3分ほどのところに公園があるのですが、こちらでは春になりますと綺麗な花が咲きますので、そこで我が家のうさぎを撮るというのはとても楽しみなのでした。

 

 以前はフォトブックを知らなかったのですが、偶然知ったことで最近は題材があれば作成しています。

 

 見ていただければわかるように、1枚1枚の写真を見るのではなくレイアウトでブックにした楽しみが味わえるのです。

 

 今回はシンプルな構成としました。

 

 

 月に帰ってしまいましたうーたろうの寂しさを紛らわせるために、よく見ています。

 

 今回のフォトブックを見て我が家の子供がうさぎの若い頃の写真ではと聞かれたのですが、全てが9才でのうーたろうの写真なのです。

 

 確かに毛並みは少し年を感じるようでしたが、まだまだ元気と可愛さは十分だったのです。

 

 

 

うさぎとバスケット

 我が家のフォトブックを見て頂くとわかるように、うさぎの撮影にバスケットは欠かせないものとなっていました。

 

 撮影だけでなく公園にまで行く際にうさぎを入れていくのにもとても便利だったのです。

 

 我が家にはうさぎのキャリングケースもありますが、公園はとても近いですし、滞在も30分もしませんのでバスケットで十分だと思っていました。

 

 いつも遊んでいるベランダと違い、人がいる公園ではあまり走りまわったりはしませんでしたが、草と土のにおいを楽しんでくれたのではないでしょうか。

 

 そんな9才の春の我が家のうーたろうの姿でしたが、うさぎを飼っているものの楽しみを十分満喫させていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 うーたろう、楽しかったよね!

TOPへ