うさぎの飼育 えさの基本は牧草と干し草 わら

 野生のうさぎはカロリーが少なく、繊維質の多い草を主食にしています。

 

 ですのでうさぎのえさは赤ちゃんうさぎの時を除いて干し草をえさのメインにすることがベストです。

 

 うさぎが干し草を食べるときには前後左右に歯をすり合わせて食べますので、歯の伸びすぎを防ぎますし、不正咬み合いの予防のもなるのです。

 

 干し草は繊維質が多いのでうさぎのおなかの消化活動を助け、毛球症の予防になります。

 

 干し草にはイネ科のチモシーなどと、マメ科のアルファルファなどがありますが、マメ科は高たんぱく、高カロリーですので、成長期の1歳までのうさぎに最適です。

 

 1歳をすぎましたら徐所にイネ科に切り替えていきます。

 

 チモシーには1番刈り、2番刈り、3番刈りとありますので、あなたのうさぎに合ったものを食べさせましょう。

 

 一番刈り

 

 繊維質が一番多く、カルシュウムも低め、若いうちに刈られているので青々しく新鮮です。

 

 二番刈り

 

 カロリーが低めで、茎が少なく、やわらかい干し草です。

 

 三番刈り

 

 穂が出る前に刈りますので、カロリーが少し高めです。

 

 干し草はいつでも食べられる様に干し草入れにたっぷり入れておいてあげましょう。

 ある日の子供達の学校でのうさぎの事の会話ですが、子供が

 

「我が家はうさぎの食べ物として『わら』をあげているんだ〜!」

 

 「え?うさぎって『わら』を食べるの?ほんと??」

 

 子供の素朴な疑問からはたと考えたのですが、我が家ではうさぎにあげる干し草を「わら」と何も疑問なく言っていました。

 

 わらは稲の茎の部分を乾燥したもので、近所の田んぼで稲刈りが終わった後に束ねておいてありますが、決してこの「わら」を我が家のうさぎには食べさせた事はないのですが、ペットショップで購入する時も干し草を「わら」と言っていました。

 

 今でも家族では「うさぎにえさをあげる時は『わら』をいっしょにあげてね!」という会話になっています。

 

 実際に我が家がうさぎのために購入していた干し草は結構硬い干し草でして、わらに似ていましたのでその様な呼び名になったと思います。

 

 このちょっと硬くて長い干し草は、ミニウサギは食べるのですが、ネザーランドうさぎは食べようとしません。

 

 確かにネザーランドうさぎはミニうさぎよりも少し贅沢をさせていまして、乾燥した野菜や果物、ナッツ類やクッキーを毎日食べさせています。

 

 それでうさぎに好き嫌いが出来てしまい、この硬い干し草を食べなくなってしまったのかもしれません。

 

 それで、なにかうさぎのために干し草でいいものはないかと探していましたら、ペットショップの方にうさぎにはチモシーというやわらかい干し草がいいですよと紹介されましたので、購入しネザーランドに与えてみました。

 

 最初はうさぎは食べなかったのですが、最近になって食欲が出てきたのかよくチモシーを食べる様になりました。

 

 夕方にうさぎにえさをあげる時にチモシーもたっぷりと入れてあげるのですが、朝になりますと全部キレイに食べてしまっている事がたまにあります。

 

 結構ネザーランドうさぎはこのやわらかい干し草を気に入っているようです。

 

 うさぎの健康のためにもいいようですので、我が家ではうさぎの食器にたっぷりとチモシーをいつも入れてあげています。

 

 

うさぎの飼育,うさぎのえさ,牧草,干し草,わら

 

 実は私はゼラニウムの葉が大好きなのです!

 

 わらよりも生の草がいい匂いがするのです。

 

 ご主人さまには「食べないで〜!!」とよく言われますが、えへへへへ・・・・!

 

 食べちゃおかな〜!?

 

 やっぱりおいしそうなので食べちゃう〜!!

TOPへ