ううさぎに水をあげるには給水ボトルが便利

 うさぎに水を与える方法としては、ボールに水を入れて与える方法や給水ボトルによる方法があります。

 

 うさぎに水を与えてはいけないということも昔は言われていたようですが、うさぎを飼う際には水をちゃんと与えてあげましょう。

 

 うさぎに水を与える方法として、ボールなどの器に水を入れて飲んでもらうという方法がありますが、器にある程度の水の量を入れるのであればそれなりの大きさの器が必要です。

 

 そうなりますとうさぎが水を飲む際に器に前足を入れてしまうこともありますし、誤ってひっくりかえしてしまうかもしれません。

 

 また、うさぎの飲む水の中にフンやゴミなどが入ってしまう可能性もあります。

 

 その点、給水ボトルであれば飲み口から水が少量滴ることはあっても水の量の管理が簡単ですし、水が汚れる可能性はありません。

 

 給水ボトルの飲み口の大きさやボトルの大きさは、給水ボトルは高価なものではありませんから、うさぎの成長に合わせて買い換えてあげることがお薦めです。

 

 うさぎが小さい時期は水が出る量が少ない、ノズルの先端がボール状になっていてボールを回すことによって水が出るタイプがよいと思います。

 

 そして、うさぎが大きくなったり、たくさん水を飲むような場合は水が良く出るタイプがありますので、レバー式などのタイプなどがよいと思います。

 

 ただし、今まで使っていた給水ボトルタイプと違うものを使用する場合には、うさぎに再度水の飲み方を覚えてもらう必要がありますので、急に替えない方が良いと思います。

 

 新しい給水ボトルに変えた時には、給水ボトルをうまく使っているかどうか確認してあげましょう。

 

 うまく使えていないときには、補助的に器を置いておくと良いでしょう。

 

給水ボトルに馴れさせるには

 実は我が家が飼っているうさぎは、いずれのうさぎも教えなくても自分で給水ボトルから水を飲むようになりました。

 

 どのうさぎも子うさぎの時にペットショップや専門店からお迎えしましたので、ペットショップなどで自分で給水ボトルから水を飲めるということを覚えてくれたのでしょう。

 

 うさぎの中には給水ボトルの使用について教えなければいけないうさぎもいると思います。

 

 その方法としてはうさぎの目の前で給水ボトルの飲み口から水が出るのを見せてあげたり、うさぎの口を飲み口に持っていって教えるのが良いでしょう。

 

 給水ボトルの飲み口から水が出ることをうさぎが知ることができれば、あとはうさぎが覚えるまで待ちましょう。

 

 覚えないうさぎには、根気よく給水ボトルの飲み口にうさぎの口を持っていって、水が出ることを教えることしかないと思います。

 

 ネットで給水ボトルの飲み口にハチミツなどを塗っておきますと、覚えてくれるという記事もありましたので試してみると良いかもしれません。

 

 

 うさぎに教えるのは、ゆっくりと見守ってあげることが大切です。

 

 

  ケージの中で運動している時でも、よく水は飲んでいます。

 

 

 水が出ているかどうかは、給水ボトルに飲んでいる時に泡が出ていることでわかります。



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ