うさぎが中毒になる食べ物

 人間が食べる野菜のほとんどはうさぎに食べさせても大丈夫なのですが、たまねぎ、ねぎ、ニンニク、ニラ、アボガド、ジャガイモの皮と芽、チョコレートは食べると中毒を起こしますので決してうさぎに食べさせてはいけません。

うさぎに毒になる草花

 身近な植物でも毒になる草花がありまして、アサガオ、シクラメン、ワラビは毒です。

 

 うさんぽのときにうさぎはオオバコ、クローバー、タンポポ、レンゲ、ナズナなどを食べることがありますが、うさぎは自分で食べてもいい草花は知っていますので問題ないのですが、やはり多量に食べさせるのは水分の取りすぎで下痢気味となることもあることから避けたほうがいいと思います。

 

うさぎ,餌,アレルギー,起こす,あげてはいけないもの

うさぎの腸に大きな負担をかける食べ物

 でんぷん質が多いサツマイモ、ジャガイモはうさぎにとって太りやすくなるばかりでなく、腸に大きな負担をかけるので、うさぎにあげる場合は少量にしておきましょう。

人間のおやつはあげてはいけない

 好奇心があるうさぎは私たち人間の食べているものに興味があります。

 

 食べているおやつを与えてみますといろいろなものを食べてしまいます。

 

 ビスケットやケーキ、アイスクリームをうさぎは大好物で、甘いお菓子の味を覚えてしまいますとねだるようになります。

 

 しかし糖分や脂肪分が多いおかしはうさぎの体にとっては害になるのです。

うさぎの理想のえさのメニュー

 うさぎのえさの理想は干し草がメインでペレットが適量、野菜は少量というものです。

 

 我が家のうさぎは干し草をあまり食べずにペレットを好みますのでついついペレットを与えてしまいますが、これでいいのかなと思う方も多いのではないでしょうか。

 

 答えは簡単でうさぎのえさはうさぎの野生の生態に近い状態にしてあげればいいのです。

 

 野生のうさぎは繊維質豊富な草を主に食べています完全な草食ですから、うさぎの理想のえさは干し草をメインに栄養バランスのいいペレット、ビタミンが含まれる野菜が少々というものだと思います。

 

 干し草はうさぎが歯を前後左右にすり合わせて食べるので、不正咬合いの原因になる歯の伸びすぎの防止になります。

 

 繊維質が多い干し草は消化を促し、ストレス解消の効果もあります。

 

TOPへ