エサはチモシーがメイン

うさぎのエサのメインはチモシーなどの干し草と補助でラビットフードを与えています。

 

我が家だけかなと思ったのですが、名古屋のうさぎとカフェでも同じということでしたのでこれで良いのではないでしょうか。

 

ラビットフードは色々な種類の草や穀物、野菜を原料にして固めたエサのことです。

 

うさぎは本来草や木の葉を食べて生きている動物ですので、チモシーだけでもいいと思うのですが、うさぎが元気に生活するためにはうさぎに必要な栄養がバランスよく入ったラビットフードも利用するのが良いでしょう。

 

ラビットフードのメインは粉にしたチモシーなどで、更にうさぎが効率よく必要な栄養素がミックスされています。

 

栄養素的には優れたラビットフードですが、実は欠点があります。

 

ラビットフードはチモシーに比べて繊維質が少なく、ラビットフードばかり食べさせていますとうさぎが飲み込んだ毛が胃の出口に詰まってしまう病気の毛球症になりやすくなりますし、臼歯にも悪影響を及ぼします。

 

また、ラビットフードはアルファルファが含まれていますとカロリーが高いため、うさぎが食べすぎるとメタボな太りすぎのうさぎとなってしまうことがあります。

 

チモシーやアルファルファなどの干し草の利点は繊維質が多く、消化器官を健康にすることです。

 

そのためうさぎには栄養補給のために栄養がバランスよく含まれましたラビットフードは補助として、メインは干し草を与えましょう。

 

しかしうさぎは干し草よりもラビットフードを好む傾向があります。

 

そのためうさぎとカフェでも同じ様にしていたのですが、うさぎのエサの与えかたとして、朝と夕に決まった量のラビットフードを与え、日中は干し草がメインとして食べれる様に干し草入れに入れておくというのが理想的です。

 

豆科のアルファルファはチモシーに比べてタンパク質、カルシウム、カロリーが高めですから成長期のうさぎ用の干し草です。

 

おとなのうさぎに与えますと肥満の原因になりますし、カルシウムは過多によるうさぎの病気の尿石症の原因になります。

 

そのため子供期を過ぎましたらチモシーに切り替えます。

 

イネ科のチモシーは硬い一番刈りとソフトタイプの2番刈りなどがあります。

 

うさぎの歯の健康のためには硬いタイプの一番刈りがお薦めなのですが、ある程度年を取ったうさぎや歯の悪いうさぎにはソフトタイプが良いでしょう。

 

うさぎは干し草に香りがあると喜んで食べますので、いつも新鮮な干し草が与えられる様に少しずつ買うのがお薦めです。

 

ラビットフードは成分に注意

うさぎの大好きなラビットフードは成分を良く見て買いましょう。

 

原料の干し草はチモシーなのかアルファルファなのかは確認してください。

 

またウサギに有害と思われる小麦粉が入ったものも避けた方が無難です。

 

うさぎが5才以上となった時にはカロリーがより控えめとなったシニア用のペットフードもあります。



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ