床暖房の上にサークルを設置

我が家のうさぎは夕方からケージから出してサークルで遊ばせています。

 

先日までは多少寒くても床暖房は利用していませんでしたが、寒くなってきましたので床暖房を使用する様になりました。

 

サークルを置いている場所も床暖房となっていますので、うさぎはサークル内でとてもくつろいで寝るようになったのです。

 

以前よりも体を伸ばしてくつろいで寝ている姿はかわいいものです。

 

 

写真は撮れていないのですが、くつろぎすぎて仰向けにひっくりかえってくつろいでいることがあります。

 

我が家のうさぎは小型のネザーランドなのですが、ネザーランドの体はこれほど長かったっけと思えるほどくつろいで伸びをしています。

 

床暖房は定温やけどが心配ですから温度設定も23℃にしています。

 

ヒートポンプ式の床暖房ですからそれほど高温にはならないはずなのですが。

 

またサークルの下には傷防止も兼ねてテーブルの表面に敷く少し厚みのあるビニールシートも敷いています。

 

サークルの近くにあるソファーに座っている飼い主も素足で床暖房の暖かさを確認しています。

 

 

 

 

クールダウンしている時もあります

うさぎは床暖房がとても好きなようですが、たまにケージに戻って横になっている時があります。

 

これはうさぎが自分の体をクールダウンさせているのではと思っています。

 

もともと部屋自体は蓄熱暖房機によって22度ほどとなっていますのでそれほど寒さを感じません。

 

室内であれば人間もポロシャツ1枚の状態でも寒くありません。

 

そういえば床暖房を使い始めてからうさぎがよく水を飲んでいる姿を見る気がします。

 

冬で乾燥していることもあるかもしれませんが、水を飲んで体温調節もしているのかもしれません。

 

もっともうさぎは汗をかきませんので、水を飲んでも変わらないのかもしれませんが。

 

体温調整は耳でしているそうですが、確かにくつろいでいる時のうさぎの耳はなぜか立っていますね。

 

 

TOPへ