子ウサギからのエサの与え方で変わった?

 我が家が今飼っていますネザーランドはチモシーが大好きです。

 

 今まで3羽のうさぎを飼ってきましたが、これほど干草のチモシーが好きな子は初めてです。

 

 それはやはりうさぎ専門店でしっかりとうさぎのエサの与え方を教えてもらって、ペレットなどの分量を教えてもらったからではないかと個人的には思っています。

 

 我が家のうさぎはエサを食べる時にはまずサプリメントや乾燥野菜、ドライフルーツ、麻の実やえん麦などを食べるのですが、その後ペレットを食べるのではなく、チモシーを食べるのです。

 

 うさぎ専門店で購入したチモシーが良いものでしたので、我が家ではチモシーも良いものを与えていると思っています。

 

 干草の香りが良いものはやはりうさぎは好きなようです。

 

 チモシーはおいしいというイメージのために、食べ残したチモシーは翌朝には残っていても捨てています。

 

 そのため毎朝新しいチモシーがエサ入れに入りますと美味しそうに食べています。

 

 

チモシーが好きな様子

 我が家の2代目うーたろう(ミルティ)は本当に良くチモシーを食べます。

 

 その様子を動画でお届けしますが、今回の動画は同じ日の朝食で、カメラの位置を変えて撮っているだけですから、実際にはこの動画以上の長い時間、チモシーをパクパク食べているのです。

 

チモシーもメーカーが変わったけれど

 うさぎは慣れない食べ物は食べないというのは今まで飼っていたうさぎがそうでしたから、知っていました。

 

 しかし今回うさぎを飼うにさいしてはうさぎのエサは色々な種類を混ぜるのではなく、単体で与えてくださいということを教えてもらいましたのでそうしました。

 

 そのため多くの種類のエサを最初は取り揃えました。

 

 たとえばうさぎのエサでドライ野菜があるのですが、通常市販されているのは人参、キャベツ、エンドウ豆のミックスとなっているのですが、今回のうさぎにはこれらの野菜を単独で与えました。

 

 そういったことによってか好き嫌いがないうさぎになった気がします。

 

 チモシーもメーカーによって違うのですが、その違いもまったく問題ありませんでしたし、ペレットのメーカー切り替えも問題ありませんでした。

 

 我が家は今回うさぎ専門店の方にうさぎを飼うことについて多くのことを教えてもらったことにより、うさぎをより健康的に育てることができそうと思っています。

 

TOPへ