うさぎのチモシーについて

我が家のネザーランドのエサのチモシーは、以前は購入しやすさからカインズホームで販売されているオリジナル商品のチモシーを購入していました。

 

うさぎのエサとしてチモシーと共に与えていたうさぎの乳酸菌とエンハンサーが無くなりましたので楽天市場で購入しようとしましたら送料がかかるとのことで、購入するショップで販売されていたチモシーも同時に購入することにしました。

 

送料を支払うのであれば追加で商品を購入して送料を無料にした方がよいと思ったからです。

 

カインズホームのチモシーは1キロ498円と格安でしたが、今回ショップで購入したのは1キロ840円のものでした。

 

高級プレミアムグレードのチモシー1番刈り牧草の中からうさぎの食用に適したものを厳選というものでしたのでとても期待して購入しました。

 

そして期待通りに美味しそうに食べてくれましたので、今まではこちらのショップのチモシーを購入してあげていました。

 

ペレットよりもチモシーを以前よりも食べてくれるようになりましたのでとても良いと思いました。

 

ネザーランドに好評なチモシーが無くなりかけてきましたので再度注文をしようと楽天市場を探していましたらなんと楽天市場のうさぎ部門ランキング第1位、うさぎエサ部門ランキング1位、牧草部門第1位というショップのチモシーを見つけてしまったのです。

 

これは購入して比べてみなければならないと思い購入してみました。

 

比較について

今回購入したのはマペット 牧草市場 スーパープレミアム チモシー 1番刈り 牧草 3kgというものです。

 

価格は500gが6パックで3,218円となっていましたので1キロでは1,072円となります。

 

カインズホームのチモシーの倍以上ですし、LoveRabbitという会社のTRUEGRASSESトゥルーグラシズというチモシーよりも232円も高いことになります。

 

これでおいしくなければおかしいと思いネザーランドに与えてみました。

 

すぐに食いついてきてくれましたので美味しいことは間違いないようです。

 

後は500gの袋の中にどれほどうさぎに与えることができない細かなゴミのチモシーが含まれているかが問題となります。

 

実際に使用してみた感想としてはトゥルーグラシズの方が、チモシー自体が長いものが入っているといった感じで、詰め替えが行われているということをしっかり感じました。

 

マペット牧草市場の方は上部から中間層にかけても長くないチモシーが含まれていました。

 

カットする手間が不要なのはありがたいのですが、トゥルーグラシズのチモシーの方が宣伝通りに手作業で1袋10分ほどの手間をかけより良いものを選んで袋づめしていますといったことを感じられるものでした。

 

そして袋に詰められたチモシーも最後となってきて細かい、うさぎに与えることができない物だけとなった量についても比較してみました。

 

今回開封したチモシーと、前回あげていたチモシーのゴミの量の比較は次の画像となります。

 

マペット 牧草市場の残ったカスの量です。

 

 

 

こちらがトゥルーグラシズのカスの量の画像です。

 

 

 

この2袋に関してはトゥルーグラシズの方がうさぎにあげるには細かすぎてあげれないものが少なかったのです。

 

袋のジッパーはマペット 牧草市場の方の袋がとても閉めにくいので家族にも不評です。

 

うさぎはどちらのチモシーもおいしそうに食べてくれますので味的には問題ないようです。

 



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
TOPへ