子うさぎの色について

 我が家ではオレンジ色のネザーランドを飼いたいと思い、ペットショップに行ったのですが、そこで出会ったのがブルーの単色の子でした。

 

 ショップの方がこの子はとても人懐っこいのですよという一言と、子うさぎの可愛さに負けて、お迎えすることになりました。

 

 この子は純粋なネザーランドではなかったのか、ブルーで綺麗だった毛並みも途中でブラウン系の色も出てきてしまいました。

 

 

 それでもとても可愛かったのですが。

 

 そのネザーランドうさぎも月に帰ってしまいましたので、ペットショップに次のお迎えする子を探しに行きました。

 

 ペットショップにはブラックの色のうさぎがいて、私たちがケージに近づきますと、「連れて帰ってくれ〜!!」と言わんばかりに寄ってきました。

 

 一瞬心が動いたのですが、家族からブラックの子はカメラ映りが悪いからダメと言われました。

 

 確かにその時家に帰ってからまた検討しようとスマホで撮った画像を帰ってから見たのですが、確かにあまり表情などが分かりませんでした。

 

 

 隣接する県のブリーダーの方のところには色がフロスティー(白っぽい色)の子やサイアミーズスモークパール(グレーぽい色)の子がいたのですが、やはりお迎えしたいとは強く感じませんでした。

 

 こうなったらやはり一度は飼ってみたいと思いましたオレンジの子を探すしかないと思い、はるか200キロも離れたうさぎ専門店で探し当てたのが、今回お迎えしたオレンジの子です。

 

 

 本当はもう少し色が濃いオレンジ色の子が良かったのですが、今ではミルクティーの様な毛色が気に入っています。

 

 

 そのため我が家にお迎えしたネザーランドドワーフの子の名前は「ミルティー」となりました。

 

 ミルティーはまあまあの名前・・・・・なんちゃって?!

 

 また、毎晩ヒザの上に乗せて撫でているのですが、ミルティーの毛はまだ子供のせいもあってか、毛触りがとても良いのです。

 

 ネザーランドドワーフの画像をグーグルで検索しますとオレンジ色の子が多いと感じるのですが、それだけ多い色なのでしょう。

体重について

 ネザーランドドワーフの大人は体重が1.3キロほどと言われていますが、我が家にお迎えした生後1.5ヶ月の子はどれくらいの体重だろうかと思い計ってみました。

 

 そうしますと568グラムでした。

 

 

 そして毎日成長していると感じましたので、3日後に計ってみましたら30グラム体重が増加していました。

 

 この調子で体重が増加しますと45日後頃には体重は1キロほどとなるのかなと想像しました。

 

 ネザーランドドワーフの子供は生後3ヶ月〜4ヶ月ほどで大人の大きさになるのかなと思えます。

 

 

 

 その後の経過として生後3ヶ月となりましたミルティーは832グラムとなりました。

 

 思ったよりも体重は増えていませんでした。

 

 外観的には子ウサギのイメージはなくなりましたが、ドワーフ因子が強い子のようで、あまり大きくならないかも知れませんね。

 

 3ヶ月となった姿はこちらです。

 

 

 そして4ヶ月での体重は955グラムとなりました。

 

 このぐらいの大きさで止まってくれますと、ネザーランドらしくて良いのですが。

 

 

生後5ヶ月になりました

 ミルティが生後5ヶ月となりましたので体重測定しました。

 

 動きますのでハカリの重量表示が動くのですが一番重かったのが1,081キログラムでした。

 

 

 そろそろ大人ですから、体重はこれ以上増えないのではないでしょうか。

 

 やはりネザーランドは小型ということがわかりますね。

 

 我が家の子はネザー因子が強い子なのかもしれません。

 

 我が家ではこうやって体重を量りました。

 

 

 

 

 

 

 体重を量るときにはおとなしくしてくれましたので、ご褒美のドライフルーツをあげました。

TOPへ