下アゴをスリスリするのはマーキング

我が家のうさぎはサークルなどで遊ばせた後にケージに戻らず部屋の中を気ままに散歩することがあります。

 

ありがたいことに今回のネザーランドは電気コードや家具をかじったり、噛んだりすることがありませんので自由にさせていることもあります。

 

そういった時に部屋にあるものに下アゴの部分をスリスリしていることがよくあります。

 

うさぎのアゴの下には臭腺という匂い付けのための液体を分泌する器官があるそうで、自分のテリトリーを示すために臭いを付けているとのことです。

 

特にオスのうさぎはテリトリー意識が強いとのことで、このアゴをスリスリする行動をよくするそうです。

 

我が家のネザーランドはメスなのですが、ケージの周りにある空気清浄器やハンディ掃除機などにいつもスリスリしています。

 

スリスリしている姿はかわいいのですが、うさぎの臭いを擦り付けられているのかと思いますと、ファブリーズしておこうかなとも思ってしまいます。(冗談ですから)

 

威嚇されることがあります

我が家では朝と夕方と寝る前の3回トイレの砂を交換しますが、その時にケージの中に手を入れてトイレを取ろうとしますと前足で威嚇されることがあります。

 

もっとも手ではなくトイレを前足で押さえるだけですが。

 

たまにブウブウと声を出すこともありますが、私のケージに入るなと言っているのでしょうか。

 

朝にはケージの中の床の網なども全部出して掃除をしますので、そういった時はケージの中二階に上がっておとなしく掃除が終わるのを待っていますので、この時はテリトリーを主張するのはあきらめているようです。

 

掃除の後にエサがもらえることから、エサを早く欲しいという気持ちが縄張り意識よりも強くなっているのでしょう。

 

そのため中二階にいるうさぎの頭を撫でてあげますと、もっと撫でてといってくることもあります。

 

うさぎの威嚇とはいいましても噛むこともなく、前足を出してくるだけですからかわいいものです。

 



当サイトへの連絡等はうさぎのモモちゃん
usanposiyo@yahoo.co.jp
までお願いします。
また、当サイトの画像は無断転載を一切禁止します。
TOPへ