-------- スポンサードリンク --------

うさぎの写真を楽しむ

 飼っていてとても楽しく、見ているだけでかわいいので癒されるうさぎですが、デジカメで撮ってそのかわいさを楽しむといったことはとてもお薦めです。

 

 従来は我が家ではキャノンのEOS KISSで撮影していましたが、今回以前から欲しかったコンパクトなデジタル一眼のオリンパスペンEPL2がアマゾンでとてもお得に販売されていましたので、衝動買いをしてしまいました。

 

 ただしオリンパスペンEPL2は近くの家電量販店でじっくり検討したことがありましたので、性能をよく知っての判断です。

 

 特に気になったのがアートフィルターというもので、私のように写真の素人でも、ダイアルを合わせるだけでとても特徴のある面白い写真が撮れるのです。

 

 アマゾンからカメラが送られてきましたので、さっそく我が家のうさぎを撮影してみました。

 

 ただし今日は曇りで午後5時に撮影しましたので、少し暗いかなと思いますが。

アートフィルターを使ってみる

 オリンパスペンEPL2にはアートフィルターの種類としてポップアート、トイフォト、ファンタジックフォーカス、ジオラマ、ラフモノクローム、ドラマチックトーンというものがあります。

 

 それぞれで我が家のうさぎを撮って楽しみたいと思います。

 

 ポップアート

 

 ポップアートは色をカラフルに強調し、明るく楽しい雰囲気を表現して、ポップアート感覚な写真に仕上げてくれるものです。

 

 夕方の暗い時間の撮影でも色がよく出ています。

 

 

 トイフォト

 

 トイフォトはトイカメラで撮ったように周辺光量をあえて落として、独特な色合いの作風に仕上げるといったものです。

 

 トイカメラを使ったことが無い私にはよくわかりませんが、こういったものなのでしょう。

 

 

 

 

 ファンタジックフォーカス

 

 ファンタジックフォーカスは柔らかいトーンの中で空気感を表現するもので、 美しく幻想的な画に仕上げてくれるそうです。

 

 うさぎがやわらかいタッチでやさしく感じるのではないでしょうか。

 

 うちのうさぎはメスですから、お姫様的になったというところでしょうか。

 

 

 

 ドラマチックトーン

 

 ドラマチックトーンはドラマチックな階調表現で、局所的なコントラスト変化から作り出される現実ではありえないような明暗によって実際の空間をフィクションのような作風に仕上げるといったものです。

 

 確かに我が家のうーたろうの周りで事件が発生しそうとなっています。

 

 

 

 ジオラマ

 

 ジオラマはピントの急激な変化により距離感を惑わせ、さらに発色とコントラストを強調することで、あたかもミニチュアの世界のような雰囲気を表現するものですが、うさぎを撮影するのには適さないようです。

 

 

 

 今日は夕方少し暗い時間での撮影でしたから、アートフィルターの効果をうまく使えなかったかなと感じます。

 

 でもそれなりに面白いものが撮れたと思います。

 

 うさぎの写真を楽しみたい方は、アートフィルターのあるデジカメでの撮影もお薦めだと思います。

--------- スポンサードリンク ---------

オリンパスペンEPL2がとってもお得でした

 

 サイトを色々調べましたが、一番安く購入できたと思います。

 

 ゴールドは色としてどうかなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は貼り革キットを貼る予定なのです。

 

 そうしますとクラッシクカメラの雰囲気がするようになって、とっても良いのです。

 

 貼った状態の写真はうさぎの写真と共にまた後日紹介します。

スポンサードリンク


この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています

うさぎの写真を一眼のオリンパスペンで撮ってみました関連エントリー

うさぎの写真を撮るためにeos kiss x6iを購入しました
うさぎの写真を撮るために購入したeos kiss x6iで写真を撮ってみました
うさぎの「うさんぽ」の時の写真の撮り方
うさぎの飼うさんぽについてと、写真でうさぎの撮り方について
うさぎは鳥の声、さえずりを聞くのが大好き
我が家のうさぎはベランダにいる時に、近くで鳥がさえずりを始めると、耳をそちらに向けて聞き入ります
うさぎの写真をフォトブックで楽しむ
我が家が飼っているうさぎと花の写真で8才の記念のフォトブックを作って楽しみました