-------- スポンサードリンク --------

うさぎの寿命を伸ばすうさぎを取り巻く環境について

 うさぎの寿命は通常は6年から7年といわれています。

 

 しかし、最近ではうさぎにとって良い飼い方をされる方が増えてきているために、その年数を超える長寿のうさぎが増えてきています。

 

 うさぎは生後5〜8ヶ月くらいでほぼ大人の体になり、1〜4歳くらいがうさぎが最も体力的に充実している時期となります。

 

 そいてうさぎも5歳を超える頃からだんだんと老化がはじまり、7歳を超えると老うさぎとなっていきます。

 

 食事も良くなり、エアコンで快適な環境で飼う方も増えてきたことから、きちんと正しくうさぎの飼い方をしてあげれば、10年以上生きることもまれではなく、最近は10歳以上の長寿のうさぎが増えてきています。

 

 動物病院も以前はうさぎのことを診てくれるくれるところがあまりなかったのですが、最近ではうさぎを飼う方も増えたことから対応してくれる病院も増えてきたこともあります。

 

 うさぎの5歳は人間の年齢で46歳ほどで、うさぎの10歳は人間では76歳ほどとなります。

 

 我が家が最初に飼ったミニウサギは6年生きてくれまして、次に飼ったネザーランドは9年生きてくれました。

 

 すこしずつうさぎの飼い方が良くなったということもあったと思います。

 

 少し前までは、うさぎを飼う環境は、屋外のうさぎ小屋でうさぎを飼うこともありました。

 

 食べ物に関してもうさぎはニンジンが大好き? うさぎに水を与えると死んでしまうなどという誤った知識が流れていたこともありました。

 

 うさぎを飼っている方でも実際に正しい情報があまり無かったというのが事実でした。

 

 なにを隠そう我が家でも、数年前のことですがうさぎを飼う前の時に、親戚の畑にいた捨てられたうさぎが捕らえ、そのうさぎを一時あずかった時にはうさぎには何を食べさせて良いのか迷っていたのが事実です。

 

 このうさぎは歯が伸びすぎてまともにエサを食べられない状態となっていましたので、誰かが飼うのを放棄したうさぎだったと思われます。

 

 うさぎはこの歯のために自分でグルーミングが出来なかったことよりかなり悪臭がしていましたしのですが、今でしたらちゃんとうさぎの体を清潔にしてあげて、歯を正しい長さに切って、うさぎに合うエサをあげることができたのにと思ってしまいます。

 

 その時は知識が無かったことからそういったことをしてあげることが出来ませんでした。

 

 そのため保護したうさぎはあまり長く生きることが出来ませんでした。

 

 今ではうさぎは室内でのゲージで飼うことが主流となっていますので、環境面でもうさぎにとって良くなっていると思います。

 

 うさぎ専門店ではうさぎはエアコンの部屋で24度ほどで飼ってくださいと言われました。

 

 うさぎのエサも栄養のバランスが考えられたペレットがあるなど、うさぎを取り巻く環境はうさぎの長寿のためにとてもよくなって来ていると思います。

 

 そして、栄養面だけでなくうさぎの寿命が延びてきている理由としては、うさぎの飼い主が爪切りやブラッシングなど、しっかり健康管理に気を使っている方が増えてきていることがあるのではないでしょうか。

 

 あとはうさぎが調子が悪くなった場合に、うさぎを診ることが出来る専門性の高い獣医の方が増えているということがあります。

 

 うさぎにとっても医療がよくなってきましたので、さまざまなうさぎの病気も診療され、治療が行われるようになったきたと思います。

 

 ただしうさぎは捕食される側の動物のため、自分の体調の悪さを表さない動物ですから、体調もしっかり観てあげることが必要ですが。

 

 うさぎの体調管理に良いのではと思われるサプリメントも販売されていますので、利用するのも良いと思います。

 

 我が家ではうさぎ専門店で薦められた乳酸菌のペレットやタンパク質分解サプリメントを与えていますが、その甲斐もあってかチモシーをたくさん食べてウンコをいっぱいしています。

 

 いっぱい食べていっぱい出すということで、とても快調といった様子の我が家のうさぎなのです。

 

 

 

うさぎの寿命を延ばすためのえさについて

 うさぎも人間と同じように成長段階に応じてエサの内容を変えていく必要があると思います。

 

 生後6ヶ月くらいまでの小うさぎは成長するために大人のうさぎの2倍ほどのカロリーが必要となります。

 

 我が家のお迎えしたネザーランドも成長期用のペレットを与えました。

 

 しかしうさぎも成長期を過ぎて老化の時期になりますと、必要なカロリーは減ってきますのでエサを減らして体重のコントロールが必要となります。

 

 うさぎも5歳以上になりますと新陳代謝が悪くなりますので、太らないようにしてあげることがとても大切となります。

 

 うさぎも5歳以上は老年期となり、うさぎに多い尿石症の持病がみられる様になりますので、エサのペレットはカルシュウムが少ないものを選んであげることが必要です。

 

 今ではシニアのうさぎ用のペレットも販売されていますので、普段のエサとしてそういったペレットをあげれば良いと思います。

 

 シニアとなったうさぎのエサはできればカルシュウムの量についても注意が必要で、できれば0.4%くらいのものがよいことから、干し草はマメ科のものではなくイネ科のものがお薦めです。

 

 うさぎを長生きさせるコツで一番大切なことは肥満にさせないことも言われています。

 

 自分でエサを替えることができないうさぎには、それなりの年齢への配慮をしてあげて飼い主が年齢に合うエサを与えてあげることが必要です。

 

 うさぎは高齢化により人間と同じく新陳代謝が悪くなることにより、運動量も減ってしまった場合にはペレットも量を減らようにしたり、低カロリーのエサに切り替えてあげるのが良いでしょう。

 

 うさぎの長生きには人間と同じように食事の管理が大切だと思います。

 

--------- スポンサードリンク ---------

うさぎの体調のサインについて

 あなたが飼っていますうさぎの寿命を伸ばして、長生きさせてあげたいのでしたらうさぎの体調をしっかりと管理してあげましょう。

 

 病気になりかけを知るためには、毎日の体長管理をしっかりしてあげることが大切です。

 

 うさぎがいつもと違うなと異変を感じたら、獣医の方に診てもらうといったことが得策です。

 

 うさぎの病気も早期発見と早期治療が大切で、丁寧なケアが重要です。

 

 うさぎはとても病気になっているという弱みを見せてくれない動物です。

 

 うさぎは少しぐらい体調が悪くても、いつもと同じように元気にしています。

 

 うさぎが調子が悪いといった様子を見せた時は、病状が見た目以上に進行していると思ってよいでしょう。

 

 うさぎの体調の不調のサインを見逃さないのが、うさぎと長く暮らすことには必要なことです。

 

 普段からうさぎのエサの食べる量、体重、ウンコなど健康時の状況を把握していることは大切です。

 

 うさぎの体に日頃からブラッシングで触る習慣がありましたらうさぎの内臓などの異常もある程度わかりますので、いつもうさぎのサインを見逃さないようにしましょう。

うさぎを飼う環境について

 さぎの健康のためにはうさぎが健康に過ごせる環境が大切です。

 

 飼育環境をきちんと整えることによってうさぎの病気の予防や、進行を遅らせることも可能だと思います。

 

 ウサギは温度や湿度の変化に敏感なことから、夏の暑さや冬の寒さに対して環境を整えてあげることが必要です。

 

 うさぎ専門店ではエアコンの部屋での飼育を薦められました。

 

 夏にお迎えしたネザーランドですが、うさぎにとって良いのは24度の部屋と言われました。

 

 特に夏の暑さと湿度に関しては配慮が必要だと思います。

 

 我が家も9才になるネザーランドを飼っていましたが、夏はやはりエアコンの部屋の中で飼っていました。

 

 そして静かで落ち着ける環境も作ってあげることも必要だと思います。

 

 うさぎも個別で違うこともありますが、デリケートな動物と思っていただければ良いのではないでしょうか。

 

 

 

スポンサードリンク


この記事では楽天に掲載されている商品をご紹介させていただいています